明日のために

明日のために気になることは、こちらですっきり解決!

*

香嵐渓の紅葉での渋滞におすすめルートや駐車場はこちら

      2016/05/31

全国的にも紅葉の名所として知られる香嵐渓。
毎年の紅葉シーズンの渋滞も知られています。
紅葉の見ごろは11月の中旬から下旬ですが、例年連休あたりが見ごろになります。
こちらでは香嵐渓への渋滞予測やおすすめルート、
現地での駐車場事情や大切な帰途についてご紹介しています。

スポンサードリンク

香嵐渓の紅葉 渋滞とおすすめルート

香嵐渓へは豊田市からの国道153号で向かう車で大渋滞となります。
よって、国道1号線経由や東海環状自動車道から県道343号で入る場合も
先で153号に合流するので注意が必要です。

紅葉時期の香嵐渓の大渋滞はとてもひどくて、「動かない」に近い状態の渋滞です。
遠くからの観光で行く場合は時間と労力を効率的に使うためにも
次のルートをおすすめします。
どのルートよりも遠回り(回り込んでのルート)になりますが、
結果スムーズに到着できます。

香嵐渓の東25キロくらいのところに稲武町があります。
そこからの153号を東から西に向かって香嵐渓に入るルートです。
猿投グリーンロードからは枝下インターチェンジで降りて県道11号線がおすすめです。
案内表示もありますので、安心です。

また到着時間をある程度早めるのも得策ですが、
同じことを皆さん考えておられます。
8時前には駐車場も空きがあるくらいの状況が例年です。

早めに出る場合でも上記の東から香嵐渓に入るルートで行ってくださいね。

スポンサードリンク

香嵐渓の紅葉 駐車場

行きの渋滞もきになりますが、到着してからの駐車場の状況もきになりますよね。
香嵐渓の駐車場はかなりありますが、それ以上に来られる方が多く、
全く足りないのが現状です。
ただ紅葉のシーズンには臨時駐車場がたくさんあります。
土日や連休ではたくさん用意されます。

香嵐渓入口にもありますが、この時期におすすめの駐車場は
臨時駐車場の足助小学校、足助中学校です。
さきほどのおすすめルートから利用しやすい場所にあります。

またどちらの駐車場でも到着はできれば朝7時台、
遅くても8時には到着くらいが
おすすめです。

香嵐渓 紅葉 帰り

大混雑の香嵐渓ですが、11月1日から30日まで香嵐渓もみじまつりが開催されています。
期間中はライトアップがされており、午後からはライトアップ目当ての観光客が
集まりますので終日渋滞が起こります。

よって、帰り道も国道153号を西に出るのはおすすめしません。
帰りも香嵐渓から東に向かい稲武町に向かう
国道153号から出られるのがおすすめです。

まとめ

まとめ
香嵐渓へは国道153号が大渋滞のため、避けるルートがおすすめ。
153号を東から西に向かって稲武町から香嵐渓に入るルート
猿投グリーンロードからは枝下インターチェンジで降りて県道11号線へ。
臨時駐車場の足助小学校、足助中学校が使いやすい。
帰り道も行きの反対で153号を東へ向かい、稲武町方面から帰るルートがおすすめ

スポンサードリンク

 - 紅葉情報