明日のために

明日のために気になることは、こちらですっきり解決!

*

年賀状をやめる!昨年やめた私の場合のきっかけとやめ方の体験談

   

年賀状が楽しみで結構気合いを入れて作っていたときもあったはずですが、
いつごろからか、すっごく負担&すっごく不満になってしまい、「やめたい 
やめたい」「やめよう やめよう」と思い続けていました。

当然というか必然というか昨年私は年賀状をやめました。

スポンサードリンク

年賀状をやめる!昨年やめた私の場合

年賀状をやめたい!と思いながら何年もズルズルと年賀状を出していました。
来た人に返して、来た人に返しての繰り返しです。
もちろん何十年も会っていない学生時代の友人も、それほど仲良くもなかった高校時代の友人も、辞めて何年も経った職場の上司・・・。

かと思えば、忘年会で12月28日まで会い、新年会で1月下旬に会うような友人たち。
年賀状って必要??と毎年思っていました。

でもなかなかやめるように具体的に考えていたわけではありませんでした。

年賀状のことを考えるのは11月頃から1月くらいのことで、あとは忘れていますもんね。
だから毎年同じことを思って、同じことを繰り返していました。

でも!昨年年賀状をやめたんです。

年賀状をやめる!きっかけは?

やめた後になって思い返してみるとやめるきっかけがありました。
しかも一つではありません。
いろいろなことが続いてやめれた感じです。

まず2011年に転職、
仕事関係の年賀状が一気に減りました。半分以上減ったと思います。

2012年喪中、
前年に届いた年賀状を見ながら喪中はがきを出しました。

2013年転居、
前年に出した喪中はがきのおかげで届いた年賀状がさらに減る。
(↑喪中はがきを出したから届く年賀状が減るだろうと思い、元旦に届いた年賀状に返信をする方法へ変更)

2014年
前年に元日に届いた年賀状に返信したので、届く年賀状がさらに減った。
自分もそうだったけど、1月に年賀状を出している様子だと来年は年賀状を出すのを控える人が多い様子。

2015年
届いた年賀状は10枚くらいになる。
返信はしませんでした。

振り返ってみると転職、喪中、転居と続いたのがよかった(?)ようで、年々届く枚数が減っていきました。
それを見ていたら、やめたい気持ちも大きくなり、またやめられるかも?と希望も感じており、2015年に思い切ってやめました。

年賀状をやめる!やめ方は?

年賀状をやめた私のきっかけがご参考になるかわかりませんが、2015年にやめたときに私なりにいろいろなことをしました。
それがやめ方の参考になればと思います。

まず年賀状が届く相手を分類していきます。
「今後の付き合いがある」「今後の付き合いはない」で分けてみました。
つぎに「今、会っている」「今、会っていない」でさらに分けていきます。

整理してみると

スポンサードリンク

①「今後の付き合いはない / 今、会っていない」
②「今後の付き合いはない / 今、会っている」
③「今後の付き合いがある / 今、会っていない」
④「今後の付き合いがある / 今、会っている」

以上の4パターンに分けられます。

①「今後の付き合いはない / 今、会っていない」

これは迷わず出さない、返さないを選択。
年賀状のやり取りに気持ちがなごむならいいですが、そうは思っていないからこそやめたいのだと考えました。
自分が出さないことを選択するのは勇気がいるようですが、そう言えば年賀状が返ってこない人っていましたよね。

②「今後の付き合いはない / 今、会っている」

私はこのパターンに結構気を遣いました。

最初の年は年賀状が届いても出さず、会いに行きました・・・。
そして「年賀状ありがとう、ちょっと年末忙しくて今年は年賀状出せてないの・・・」と言い訳(笑)
「別にそんなのいいのに~」と相手も言ってくれましたが、翌年も届いた年賀状には返信しませんでした。
そして、その年は会いにも行きませんでした。
翌年、年賀状は届かず。結果「今後の付き合いはない / 今、会っていない」へ移行しました。
正直ほっとしました。

③「今後の付き合いがある / 今、会っていない」

これは学生時代の友人などが当てはまりました。
「今後の付き合いはあるけれど、年賀状はなし」ってことなので、年賀状が届いても返信はせず、メールでフォロー。
以後こちらが出さなくても、年賀状は送ってくれます。メールで近況も報告するので、ストレスフリーになりました。

④「今後の付き合いがある / 今、会っている」

これは今、仲の良い友人たちが当てはまりました。
付き合いも頻繁にあるので「なんか年賀状がめんどくさいからやめるかも~」とお茶をにごし、年始の新年会で「年賀状ありがとう~」とお礼を。
以後私は出しませんが、変わらず送ってくれる友人、こなくなった友人といろいろです。それでも付き合い自体はかわらないので、問題なし。

以上のような形ですすめていきました。
個人で違うとは思いますが、②のパターンが意外に気を遣ったのが面白かったです。

余談ですが、年賀状をやめて懲りだしたのがおせち料理です。
小さなお弁当におせちを詰めたものを知り合いに配ったりして楽しむようになりました。
いつもなら大晦日ギリギリまで年賀状書きでしたが、料理に時間を使うようになりました。

まとめ
年賀状をやめるきっかけは転職や喪中、転居など。
年賀状の相手をパターン分けして対応を変えてみる。

年賀状をやめる文面の記事はこちら。
年賀状がめんどくさいのでやめたい!記事はこちら。

スポンサードリンク

 - お正月