明日のために

明日のために気になることは、こちらですっきり解決!

*

窓の断熱にお手軽な方法はこれ!道具と効果まで

   

冬が来ましたね。
部屋が寒いと本当につらいです。
何をするにも億劫になってしまいます。

お手軽に安くなんとかできないかと思ってやってみました。
本当にあっけなく簡単です。

スポンサードリンク

窓の断熱にお手軽な方法はこちら

引っ越しをして新しい土地に来たのですが、すごく寒くてびっくりしました。
水道が凍ったり、初めての体験でした。
とにかく寒さには慣れなくて、なんでもいいからなんとかして暖かく過ごしたいと切実に思いながらいろいろなことを試しました。

今、一番お手軽で暖かくなるので気に入っているのが「プラダンで窓の断熱をする」ことです。
プラダンってプラスティック段ボールのことで、いろいろな色があるのですが、これがすごく使いやすかったですよ。

IMG_5557.jpg1207

器用な方はレールをつけたり、枠をつけたりして2重窓(内窓)をDIYしていましたが不器用だし、とにかく早く!暖かくなりたいので、単純にプラダンで窓をふさいでみました。

それまでに塗装の養生シートを使ったり、プチプチをつかったり、とにかく寒さというのは窓からすごい冷気が来ていますのでなんとかそれを遮断したかったのです。

窓の断熱をお手軽にする道具

使った道具はまずプラダン、メジャー、えんぴつ、工作用のはさみの4つだけ!
プラダンはホームセンターにも売っていますが大きいサイズ(91cm×182cm)を買うのは大変なので私は通販で買いました。
プラダンは小さなはさみで難なく切れるので、大がかりな道具が必要なしです。

窓のサイズを測ってプラダンに印を付けて、はさみで切るだけなのですが、ちょっとしたコツがありまして、窓の高さにはピッタリに合わせて幅には少し大きめに切りました。
そうしておくと窓枠にパコっとはめこんだようになり、テープや釘などで固定の必要がないのです。
窓を覆ってしまうので、窓枠とプラダンの隙間から冷気が入ってくることもありません。

ただのズボラ方式ですが、私の購入したプラダンはセロテープで固定しても時間が経つとはがれてしまうので、レールをつけるのもめんどくさいので、このようにしました。

もちろん見栄えは悪いので、できる方はレールを付けて開け閉めできる2重窓方式もいいと思います。

スポンサードリンク

窓の断熱をお手軽にした効果

さてさて、プラダンをした効果ですが、温度計というものを持っていないので具体的に数値ではお伝えできませんが、すっごく暖かい!!です。
じつは最初にしたのは室内で飼っている犬の部屋だったのですが、あまりにも効果があるので(体感です)脱衣室やキッチン、勝手口など結局家じゅうがプラダンのズボラ方式だらけになっています。
掃除をしたりしてうっかりとプラダンで窓をふさぐのを忘れたときにははっきりと「いつもより寒い!!!」とすぐに気付いて即プラダンです。

本当に脱衣室など狭くて窓も小さいのですが、それでもプラダンがあるとないとでは大違いです。

購入したときは10枚も何年使えるのだろう?と思っていましたがいろいろなところに使って重宝しています。
使い続けるとボロボロになってくるそうですが、今年で2年目ですが、あとワンシーズンは使えるかな?と思います。

そうそう、暖房器具を使う部屋はプラダンをして明らかに灯油の使用料が減りました。
こちらも具体的な数値が検証できていないのですが感覚はずいぶん違いますよ。

まとめ

窓の断熱にお手軽なのはプラダン。
窓枠のサイズに合わせて、プラダンを切ってはめるだけ。
レールがなくても固定できて断熱する。
とても手軽で気軽な断熱方法です。

スポンサードリンク

 - 冬と言えば ,