明日のために

明日のために気になることは、こちらですっきり解決!

*

インフルエンザの予防接種で副作用が出た?発熱と腫れの体験談

   

冬の到来とともにインフルエンザの予防接種は定番となっていますね。
私は毎年受けていません。
インフルエンザの予防接種で副作用が出たので、それ以来受けないようにしています。
そのときの体験談をシェアしますね。
インフルエンザの副作用が気になっているあなたのご参考になればうれしいです。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種で副作用が出た?

古い話で恐縮ですが、私がインフルエンザの予防接種で副作用が出たのは小学生時代のこと。
今から何十年も前の話です。
学校でインフルエンザの予防接種があるということで、その日の朝に熱をはかっていつも通りに自分の平熱36,4度でした。

学校で接種したときはちょっと「痛いな~」っていう程度でしたが、その日の夜に突然の発熱。
なんかだるいし熱っぽいかな~と体温を測るとすでに38度超えでした。
親が慌ててお布団を用意してくれました。

インフルエンザの予防接種で副作用の発熱

それから熱はぐんぐんと上昇し、39度も超えました。
私は普段から熱が出ると高熱になることがあるので、そんなに珍しいことではないのですが、さすがにお昼間に予防接種を受けた日ということで「予防接種でインフルエンザになったのか?」と親子共々心配になりました。

結論から言うとインフルエンザの予防接種では「不活化ワクチン」というものでウイルス自体は生きていないので、絶対にインフルエンザにかかることはないのですが、当時はインターネットもない時代で、心底心配していました。

スポンサードリンク

とにかくその日の夜はとても苦しかったのを今でも覚えています。
その後、熱が下がったのは2日後くらいでした。
インフルエンザにはかからないとは言え、私的にはほぼインフルエンザでした(笑)

インフルエンザの予防接種で副作用の腫れ

発熱は2日で下がったものの、それ以上に大変だったのが腕の腫れでした。
インフルエンザにかかると体の節々が痛いですが、発熱中に腕が痛いのもそのせいだろうと思っていたのですが、副作用の腕の腫れはそんなものではなく、皮膚までパンパンに腫れていました。
しかもその腕の痛みが治まるのが1週間もかかりました。
長すぎませんか?とにかく腕を動かすことが大変で痛くて子供ながらにとてもつらかったです。

副作用は5~10%の人に出ると言われています。
当時その予防接種で欠席をしたのは私以外にもう一人いました。(40人クラスだったので5%ですね))

予防接種の副作用は異物に対抗する抗体を身体が作っている反応ですが、それにしてもあまりにも急激で激しい症状だったので予防接種はそれ以来受けていないです。

お年寄りは子供がインフルエンザになると大変だとは思うけれど、もし副作用が出たらどうだろう?と考えてしまいます。

お医者様によるとワクチンは年によって違うので、一度副作用が出たからと言って再度出るとも限らないし、今まで出なかったからと言って次も出ないとは限らないと言われていました。

まとめ
インフルエンザの副作用はだるさ、発熱、腫れなど。
症状は3日くらい1週間で治まることがほとんど。
予防接種ではインフルエンザのウイルスは生きていないのでインフルエンザにはかからない。

スポンサードリンク

 - からだ ,