明日のために

明日のために気になることは、こちらですっきり解決!

*

年末の銀行の仕事納めはいつ?ATMの利用や振込と年始はいつから?

   

年末はいろいろと用事が立て込み忙しいですね。
年末年始のお金を用意したり、月末の送金も予定があります。
銀行の仕事納めはいつでしょうか?ATMや振込についても確認できます。

スポンサードリンク

年末の銀行の仕事納めはいつ?

銀行の仕事納めは12月30日です。
窓口も通常の営業日となり、31日から年末年始の休業となります。
年により土曜日、日曜日と重なる場合は30日でも休業日になります。

・銀行窓口の年末の最終営業時間 12月30日午後3時まで

※銀行の窓口営業時間は午後3時のところがほとんどですが、それ以外もあります。

窓口で済ませる用事は30日までに済ませましょう。

また月末の入金も大体は12月の場合は30日になります。

年末の銀行の仕事納めでATMや送金は?

銀行の店舗にあるATMは休業日でも稼働しているところがほとんどです。
基本的に年中無休で稼働しています。

注意が必要なのはATMの設置場所によって稼働時間や取扱い業務に違いがあります。

私は以前、休日にATMで預入をしたかったのですが、できなかったことがありました。
出金はできることが多いですよ。

スポンサードリンク

今はコンビニでも銀行ATMがあります。
こちらも年中無休で稼働していますが、銀行によって稼働時間や取扱い内容に違いがあります。

さて振込はどうでしょう?

年末の送金はさきほどの30日の15時まででしたら当日(年内)の振込が可能です。
※銀行によって当日振込は14時のところもありますので注意です。

15時を過ぎたお振込みは翌営業日扱いとなります。
年末の場合は翌営業日と言っても1月の年始になりますね。
振込予約で受け付けされて実際に口座に入金されるのが年明けの最初の営業日(1月4日)になります。

※1月4日が土曜日や日曜日の場合は月曜日になります。

銀行の年始はいつから?

銀行の年始は1月4日からです。
4日が土曜日や日曜日に重なると月曜日からの営業になります。

銀行窓口やATM、コンビニATMも通常の稼働となります。

まとめ
銀行の年末の仕事納めは12月30日。
年始は1月4日より通常営業。
年末年始のATMは年中無休、ただし設置場所により稼働時間や取扱い業務が違うので注意が必要。
年末年始のコンビニATMは年中無休、ただし設置場所により稼働時間や取扱い業務が違うので注意が必要。

スポンサードリンク

 - お正月