明日のために

明日のために気になることは、こちらですっきり解決!

*

一人暮らしの初期費用はいくらが目安?安くする方法はある?

      2016/01/29

春は新生活のスタートですね。

特に初めての一人暮らしを始める方は夢がいっぱい☆☆☆
気になる初期費用はいくらが目安でしょう?
大切なことなので、しっかり確認していきましょう。

スポンサードリンク

一人暮らしの初期費用はいくらが目安?

一人暮らしを始めるための初期費用の目安の前に、初期費用の内訳をみていきましょう。

初期費用の内訳

・敷金(家賃の3か月分など、大家さんに納めます。退去時に返還されます)
・家賃(家賃は前払いなので、入居前に支払います)
・仲介手数料(不動産屋に支払う手数料、法律で家賃1か月分など決まっています)
・火災保険(建物には大家さんが掛けていますが、家財にはお部屋を借りる人が掛けます)
・礼金(お部屋を借りるときに大家さんに支払います)

↑ここまでがお部屋を借りるだけでかかってくる費用です。

プラスこちらの費用も入れておきましょう。

・引っ越し費用
・カーテン、照明器具(お部屋に初めから設置されている場合もあるが、大体はない)

↑この二つは借りたあとで、生活を始めるまでに必要な費用

こうして見てみると初期費用はお家賃によって変わってきますね。
基準が「家賃の○か月分」として請求されるので、お家賃が5万円の物件と7万円ではトータルでずいぶん変わってくるようになりますね。

お家賃の相場も都心と地方都市では違いますが、たとえばワンルームで5万円のお部屋を借りるパターンで見てみますね。

・敷金(家賃の3か月分の場合は15万円、物件によって違う)
・家賃(5万円)
・仲介手数料(5万円プラス消費税)
・火災手数料(15,000円くらい)
・礼金(5万円、ない場合もあります)

ここまでの合計で15+5+5+1,5+5=31,5万円!

もちろん物件の条件によって変わってきますが、5万円の物件の場合はざっと30万円くらいかかるのですね~。

このほかに照明やカーテンってお気に入りのものを楽しく選びたいけど、予算重視になりそうですね(笑)

一人暮らしの初期費用を安くする方法は?

まとまった費用になる初期費用をお安くする方法ですが、実はあるんです!
裏ワザとかではないのですが、管理人は実は不動産業界に長くいたことがあって、アドバイスできることがあります。

一番いいのはすごくいいお部屋がお安くあればいいのですが、そんなことはまずないです。

たとえば同じ5万円のお部屋であっても何万円も初期費用が違うときがあります。

それは「仲介手数料」に注目してもらいたいのですが、この手数料は大家さん×お部屋を借りる人との契約をとりもった報酬として法定されている費用なのですが、不動産屋が仲介手数料をもらえない契約というのがあります。
それは、大家さんが不動産屋だった場合!

わかりづらいですが(笑)不動産屋さんが持っている自社物件の場合は仲介手数料はもらえません。
不動産屋さんが自分の持っているワンルームの賃貸契約では仲介手数料はもらえないのです。

スポンサードリンク

でもこれからお部屋を借りるあなたは、お部屋の大家さんが不動産屋さんかどうかで仲介手数料(家賃1か月分)を支払うことになるか、不必要になるか変わります。

大きいですよね!

大家さんが不動産屋さんだとラッキー!
あっという間に家賃の1か月分(こちらの例えなら5万円!)が浮きますよ。
ソファとか買えるかも♪

あとは「礼金」こちらは管理人のイメージだと都会の方がいる費用って感じです。

管理人の仕事をしていた地方都市ではほとんど必要のない費用でしたね~。

「礼金」は大家さん、不動産屋さんによって変わってきますね。

ただ、お部屋を探す段階で大家さんが不動産屋かどうか、礼金がいるかどうかは気にしすぎるとかえってお部屋を決めづらくなってくるかもしれません。

おすすめは候補を2,3挙げておくのがいいですね。

そして初期費用の総額を出してもらって検討するといいと思いますよ。

※それととっても細かいお話になりますが、仲介手数料っているのは、大家さんかお部屋を借りる人が支払うものなのでときどき大家さんが0,5か月分の仲介手数料を負担してくれる太っ腹大家さんもいます。
そういう物件にあたるとそれもラッキーで、残りの0,5か月分の仲介手数料で済む場合もあります。
本当にまれですが。
入居者が長く入らなかったりすると、そういうことがありますよ。

一人暮らしの初期費用で一工夫したい!

あと触れていない費用が引っ越し費用ですね。

一括見積もありますが、どうでしょうね?

たとえばたくさんのものを遠くに運ぶと高いですよね。

でも引っ越し先が近くで荷物が少しだと安いですよね。

そういう場合はなるべく荷物として運送屋さんで送ったり、自分で運べるだけ運んでみたり(笑)

遠くに引っ越しする場合は、逆に荷物の移動は最小限にして大がかりな家具とか家電は新居近くで販売店から送ってもらった方がトータルで安くすんだりします。

あとは引っ越しの前には断捨離をして不必要なものは処分しておくのが本当に大切です。

管理人の経験からも引っ越しした先の新居でなぜか荷物を処分することがよくありました。
「ずっと使っていたからいるよね」と思うのですが、新生活では使わなかったりするんですよね(笑)

まとめ
初期費用はワンルーム5万円で大体30万円くらい。
仲介手数料や礼金で初期費用が変わる。
お得なのは不動産屋の自社物件に入居するパターン
(家賃1か月分の仲介手数用が浮きますよ)
引っ越しは新居近くで大きな家具や家電は配達してもらえる。
トータルで考えると引っ越しより安くなるかも

一人暮らしのソファの選びかたはこちら
一人暮らしの家電選びのおすすめは?

スポンサードリンク

 - 新生活 ,