明日のために

明日のために気になることは、こちらですっきり解決!

*

ハンドメイドを売りたいときにまず始めることはこれ!

   

自分の作ったハンドメイドを売りたいなぁ~と思うものの、
どうやって販売しようかと思い悩む方へ「まずはこれから始めよう!」
ということをお伝えします。

スポンサードリンク

とにかくおすすめはハンドメイドサイトですよ

自分が作ったハンドメイド作品のある方なら「ハンドメイドサイト」はご存じだと思います。
たくさんの人気作家さんにファンの購入者さんが各サイトで雰囲気もたっぷりで魅力的ですよね。
サイトをのんびり眺めるだけでも楽しめますよね。

そこに自分の作品があったらどんな反応があるだろう?と思いながら
人気作家さんのショップページや作品を見ては「やはり自分とは違いすぎる」と意気消沈していませんか?

でもハンドメイド作品を売りたいのならまずは「ハンドメイドサイトに登録」から始めてください。

ほんの数年前まではハンドメイドはオークションでも人気を集める作家さんもいたのですが、
あっという間にハンドメイドサイトに移っています。

「でも売れないかも」と心配する必要はありませんよ。

まずは登録だけでもOK!
出品はじっくりと準備をしてからでも遅くはありません。

登録して何をする?

まずはハンドメイドサイトをいろいろと見てみましょう。
その中で自分の作品とイメージが合いそうなサイトを選んでみましょう。
いずれは複数のサイトで出品するかもしれません。

まずは気楽に雰囲気が好きなところや自分が購入者になってもお買いものしそうなサイトでもいいと思います。

そして選んだハンドメイドサイトに登録が済んだら、まずはサイトの中でじっくりといろいろな作品を見てまわるのがおすすめです。

気になった作品を購入するのもとってもいいと思いますよ。

自分が購入して作家さんからどんなメッセージが届くのか、梱包ややりとりも自分が体験することでとても勉強になると思います。

スポンサードリンク

どちらのハンドメイドサイトもお取引の操作はとても簡単にできているので自分が作家として販売していくイメージも浮かんでくると思います。

そしていよいよ出品!の前に

ハンドメイドサイトの雰囲気もわかったし、いよいよ作品を出品しよう!
その前に実はここが1番大切かもしれません。

これから作品登録する自分の作品を検索してみます。
どういうことかと言うと

たとえば自分の作品がアクセサリーのピアスを例にすると
「素材」であったり「金額」であったり、入力して探していきます。
「フープ」なのか「フック」なのか「一粒タイプ」など。

自分の作品もあてはめてみて実際に検索してみます。
「フープ 1,000円」「フック 1,500円」

自分の作品と同じ条件で検索後にでてきた作品はすべて「競合作品」ということですよね。
それらにざっと目を通してこの中に自分の作品があった場合にお客さんから「選ばれるかどうか」を冷静に見てみます。

購入するお客さんから見るとセンスや技術など同等だとすれば少し安ければ購入しやすいですし、

ハンドメイドサイトの中にあるたくさんの作品の中での自分の立ち位置をあらかじめ確認しておくといいです。

出品する前でしたら価格も修正できますし、より高いお値段に変更しても「いけそう!」かもしれませんよね。

この作業はちょっとしたコツですが、とても大切です。
お客さんは夜な夜な「自分が見つけた素敵なもの」に会いたくて検索していますからね(笑)

「自分のセンスには絶対の自信がある」場合も「今まで売ったことがなくて不安」場合もハンドメイドサイトの中でどうなのか?
を確認してみると購入してもらえる魅力ある作品なのかどうかがわかると思います。

まとめ

ハンドメイドを売るのはハンドメイドサイトがおすすめ。
まずは登録から。
登録して出品までの一作業で修正箇所がわかる。

スポンサードリンク

 - ハンドメイドサイト ,