明日のために

明日のために気になることは、こちらですっきり解決!

*

お年玉袋 ぽち袋の書き方 表と裏、封はする?渡し方

      2015/09/20

子供のころに幾度となくいただいたお年玉、
とても楽しみでしたよね。

もらうときには気にならなかったことが
あげるとなるとあやふやなことが多いものです。
夫の親戚とのお付き合いもありますね、
項目ごとに改めて確認しておきましょう。

スポンサードリンク

お年玉袋 ぽち袋の書き方 表と裏

お年玉袋、ぽち袋とも言いますが、
「のし」と書かれ、和紙を使ったシンプルなものから
キャラクターやおめでたい図柄の華やかなものまで
たくさんありますね。
どのようなお年玉袋であっても基本は同じですから
覚えておきましょう。

表の書き方は「のし」と書かれていてもいなくても
あげる人の名前を書いてあげましょう。

本来は左上に「○○ちゃん」「○○ちゃんへ」と書きます。
もらう方もうれしいものですし、
子供の年齢でお年玉の金額が違う場合にも渡し間違いを防げます。

お年玉袋の一面に図柄が入っていたとしても、
書くことをおすすめします。

裏の書き方は「○○おじちゃんより」など夫の名前でOKです。
子供がいつも呼んでいる呼び名でいいと思います。
また、お年玉袋の裏面にあらかじめ名前を書くような枠がある場合、
その枠内に「○○おじちゃんより」と記入すればいいでしょう。

スポンサードリンク

お年玉袋 ぽち袋 封はする?

名前を書いて用意したお年玉袋に新札を入れます。
新札は三つ折りにしますが、お札の左側から折ります。
お札を開いたときにお札の肖像が見えるようにするのが
マナーです。
天地が逆さまにならないようにして入れましょう。

封については決まりはありませんが、
遠方でお年玉を送る場合は封をし、直接会って手渡しできる場合は
封をしなくてもいいでしょう。

気になるようでしたら、お正月用のかわいい小さなシールが
100均などでも売られていますので、それを用意してもいいですね。

お年玉袋 ぽち袋 渡し方

お正月に挨拶をして渡します。
お年玉は目上の人から目下の人へと渡すものです。
「新年おめでとう。今年も元気で頑張ってね。」
「あけましておめでとう。有意義に使ってね。」
などと渡すといいでしょう。

まとめ
お年玉袋の表には子供の名前、裏には渡す人の名前
新札を左側から折って、三つ折りにする。
封は状況に合わせて、してもしなくてもよい。シールもある。
「新年おめでとう。今年も元気で頑張ってね。」など渡そう。

スポンサードリンク

 - お正月 ,