明日のために

明日のために気になることは、こちらですっきり解決!

*

洗濯機の掃除でカビを撃退する方法 準備から洗剤選びまで

   

ある日ふと気づくと洗濯物に茶色いピロピロしたわかめみたいなものが付着してきました。
最初はあまり気にならなくても、もしかしてこれって・・・。
カビですよね?
洋服をきれいにするために洗濯しているのに、洗ってカビがつくなんてショックですよね。
大切な家族のためにも洗濯機を掃除して、1日もカビさんを撃退してしまいましょう。
簡単なので準備をしっかりしてくださいね。
それと所要時間は8時間くらいなのでお休みの前の夜から始めるのがおすすめです。

スポンサードリンク

洗濯機の掃除でカビを撃退するための準備

今回おすすめする方法は8時間から10時間くらい放置時間が必要です。
まずは予定の空いているお休みの前の夜から取り掛かりましょう。
まず必要なものは時間ですね!

あとは準備するものはこちらの

・過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)750g
・カビをすくうためのネット(大)
・洗濯漕いっぱいに入れるお湯
・カビとりをした後にお試しの洗濯用の白いタオルなど

過炭酸ナトリウムはホームセンターなどで売っています。

私の買ったものは750g入りでした。
洗濯機の大きさ(何キロ)で過炭酸ナトリウムの量が変わります。
洗濯機にお湯が何リットル入るのか洗濯機の表示を見て確認して、「お湯1リットルにつき過炭酸ナトリウム10g」で入れる量を決めましょう。

カビをすくうネットは何かで代用しようとせずに100均などでゴミすくいネット(必ず持ち手のあるもの)を探してください。
私は思いついてすぐにカビとりをしてしまい、ネットを買いに行くのが面倒で針金のハンガーを曲げて輪っかを作り、キッチンのごみ取りネットをかぶせて作りましたが、本当にだめでした。
使えません。とにかくすごい量のカビが出て、カビが重すぎて針金が伸びて大変でした(笑)
触るのも嫌なので、必ず持ち手が必要だと思いました。

お湯は大切になってくるのが温度です。
50度くらいがいいので、お風呂に入る温度よりもかなり熱いですよね。
温度調節ができたら50度の温度に設定して、使いましょう。
温度調整ができない場合は沸騰させたお湯と同じ量のお水を混ぜると50度くらいになるので、時間がかかるかと思いますがやってみてください。
温度が低い場合や、お水だとカビ撃退になりませんので、温度も大切です。

カビ取りをした後にカビが全くでないことはないので、白いタオルにカビがつくのかつかないのか見てみましょう。

スポンサードリンク

洗濯機の掃除でカビを撃退する手順

・洗濯機の給水の蛇口を閉めます。
洗濯機いっぱいにお湯(50度)を入れて溜めましょう。

・洗濯のコースを選べたら水を流さない洗浄コースなどを選びます。

・洗濯漕のお湯がぐるぐる回り始めたら過炭酸ナトリウムを少しずつ入れます。
(計量用のスプーンなどが入っているので、あらかじめ取っておきましょう)
・すぐにカビが大量に浮き出てきます、そのまま10分くらいはしっかりと回しましょう。

・大量のカビが浮いたまま8~10時間くらい放置します。(もちろんカビを取ってもいいです)

・翌朝さらに出ているカビをネットで取る。→洗濯機を回す。出てきたカビを取る→洗濯機を回す。

・出てこなくなるまで繰り返してください。
(私は購入後5年で初めてしたので、相当繰り返しました)

・カビが出てこなくなったら洗濯のコースをすすぎから進めて、洗剤のお水が循環するようにして排水します。
(すすぎ→排水→脱水)
・タオルを入れていつもの洗濯をしてください。

・タオルにカビが付かなかったら成功です。
(カビがまだつくようだったら、再度洗濯をしてください。カビが出なくなるまで)

洗濯機の掃除でカビを撃退する洗剤

洗濯機の掃除のための洗剤は専用のものが売られてあったり、パナソニックなどのメーカーも洗剤を売っていると思います。
洗濯機のメーカーに合わせてそのような洗剤を選ぶのもいいと思いますが、あまりに強い洗剤は下着なども洗うので、気になる方もおられると思います。
洗濯機の掃除の洗剤(カビ用)には大きくわけて2種類あります。
「塩素系洗剤」と「酸素系洗剤」です。
塩素系は強い殺菌効果があるので見えないカビも分解して撃退します。
酸素系は発泡力ではがし取ります。

私は体質的に塩素系がきつくて使えないので酸素系にしています。

洗濯機のドラム式、縦型の違いやステンレス漕やプラスティック漕でも違いますので、洗濯機や洗剤を確認して選んでくださいね。

キッチンやナチュラルクリーニングで使われる重曹でも代用可能です。

まとめ

準備するものでポイントになるのはお湯の温度、カビをとるためのネット。
やり始めると途中で準備ができないので、時間の余裕があるときにするのがおすすめです。
洗剤を入れてすぐに大量のカビが出てきます。
すぐにカビが出てしまわないので、気になりますが根気強く頑張ってください。
しっかり撃退できると洗濯物にカビがついてしまうこともなく快適にお洗濯できますよ。

スポンサードリンク

 - 家のこと