明日のために

明日のために気になることは、こちらですっきり解決!

*

乳がん検診 痛い?初めての乳がん検診 触診 マンモグラフィー

   

女性の方なら、耳にするとちょっと気になる言葉、乳がん検診。
毎年受けられている方もいる中で、なんとなく抵抗を感じて
検診を受けていない方もまだいらっしゃると聞きます。
先日まで私もその一人でした。

今日は初めての乳がん検診について私の体験したことから
詳しくお話しをして、まだ検診を受けていない方が、
気持ちを軽く乳がん検診を受けていただけるようにお伝えしますね。

スポンサードリンク

乳がん検診 痛い?初めての乳がん検診

なんとなく敬遠していた乳がん検診、
ただ40歳をすぎたあたりからなんとなく体が変化していくことも実感し、
これから数年は仕事もかなり多忙になることが予測できたため、
一応、受けておこうかな?と気持ちになりました。

ちょうど市町村からの乳がん検診の無料クーポンも送られてきて、
期限もあと少しだったので、今回思い切って受けるとことにしました。

乳がん検診前にドクターが問診で言われるには、

マンモグラフィーは痛いということ。
あまりに痛い場合は技師に伝えてほしいこと。
生理がある方は生理前より終わってからの方が痛みが少なくて済むこと。

などを教えていただきました。

生理の時期によって、マンモグラフィーの痛みが違ってくるなんて、
絶対に検診受ける前に知りたかったと思いました。

これは生理前には、女性ホルモンの関係で乳腺が太くなるからだそうです。
痛みに弱い方は、参考にして生理の周期から検診日を予定してもいいですね。

乳がん検診 触診 痛い?

乳がん検診は問診→触診→マンモグラフィーの順番で受けました。
初めての病院で、先生の性別までは気にしませんでしたが、
やはり胸を触っての診察になりますので、
気になる方は女性の先生がいる病院を探されてもいいと思いました。

私は年配の男性の先生でしたが、それほど気にはなりませんでした。
触診の前と後に手を洗ってくれたようで、それも個人的によかったです。

触診のときには自宅でのセルフチェックのやり方を
丁寧に教えていただきました。

スポンサードリンク

必ず1か月に1度は行ってほしいとのことでした。
セルフチェックで自分の通常の胸の感じを手で覚えていくのが
セルフチェックで、そうですれば異変があればすぐにわかるのだそうです。

やはり大切なんですね、セルフチェック。

これも忘れないよう、生理になったらセルフチェックをする。など工夫すれば
忘れないですね。

乳がん検診 マンモグラフィー 痛い?

さて、和やかに思ったよりストレスなく終わった触診でしたが、
ついにマンモがやってきました。

何も調べずに行った病院でしたが、ラッキーなことに
マンモグラフィーの技師は女性の方でした。

通常のレントゲンと一緒で服を脱ぎますが、
羽織るケープの用意がありました。

そしてマンモグラフィーは左右どれぞれの胸を上下、左右に挟んで
合計4枚のレントゲン撮ります。

このときに胸を機械に乗せたりするのはすべて技師の方なので、
かなり胸を触られます。かなり、です。
これを男性の技師でされるのはかなり抵抗があると思いました。(私の場合)

気になる方は事前に女性の技師の方かどうかを確認されるのをおすすめします。
医療機関によってはホームページで明記されている場合もありますので、
確認してみましょう。

さて、マンモグラフィーの痛みについてですが、
それがあれほど「痛い」と聞いていた、いや実際にドクターからも
「痛いですよ」と言われていたのですが、痛くなかったです。

何か感じたとすれば、首の方の皮膚まで引っ張られているような感じが
ありました。それくらいでした。

私の胸がやはり小さいからなのかと本当に思いましたが、
調べてみると、どうやら年配になってくると痛くないそうです。
これも乳腺の働きと関係しているのですね。

いかがだったでしょうか?
乳がん検診について、思ったよりもハードルが低くなりました。
私は1度受診して、女性技師さんがいるかどうかがかなりのポイントだと
思いました。

まとめ
乳がん検診は生理が終わってからの時期がよい。
触診気になる方は女性の先生がいる病院を確認すること。
マンモグラフィーは女性技師の方がおすすめです。
痛いかどうかは年齢、生理周期を含めた個人の要素による。

スポンサードリンク

 - からだ