七五三のお祝い 内祝いは必要?両親には?他には何がいい?

  • 2015年9月12日
  • 2016年2月20日
  • 七五三
  • 12view
  • 0件

七五三のシーズンですね、お子さんの健やかなご成長がほほえましい時期ですね。
ご両親をはじめ、ご親戚からもお祝いをいただくことがあると思います。
お祝い当日に余裕をもって迎えられるよう、確認してみましょう。

七五三のお祝い 内祝いは必要なの?

七五三のお祝いは子供の健やかな成長を喜ぶ身内のお祝いとされているので、
本来は内祝いは不要とされています。
ただ、ご両親からたくさんお祝いをいただいたり、
遠方の親せきから祝ってもらったりすると
何か返礼をした方が気持ちが落ち着く場合もありますよね。
もし、内祝いをするようでしたら、
金額的には半返しを目安にされることが多いようです。
その場合は熨斗には「内祝い」や「七五三内祝い」と書き、
下には子供の名前にします。

七五三のお祝い 内祝い両親はどうする?

また当日は子供の祖父母も一緒に神社へ行く場合もあると思います。
そのような場合はお参りの後に、お祝いの食事を一緒にして
それを内祝いとしてもいいですね。みんなの思い出に残るお祝いになると思います。
また遠方のご両親には当日の子供の写真とお品物でもいいと思います。
ご両家とも子供の健やかな成長は喜びですから、十分に気持ちが伝わると思います。

七五三のお祝い 内祝い他には何がある?

内祝いのお品物としては千歳飴もいいですし、ほかにもお赤飯なども喜んでいただけると思います。
他にもお菓子などは日持ちもしますので送られる場合もいいと思います。
最近は子供の名前を入れて用意してくれるお菓子もありますので、
お住まいのお菓子を調べてみてもいいでしょう。

まとめ

[su_box title=”まとめ” style=”glass”]七五三の内祝いは本来はしなくてもよいが、
両親には当日の食事会を内祝いにしたり、
当日の孫の写真を届けても喜ばれる。
お品物には千歳飴の他にもお赤飯もよい。
名前の入ったお菓子などもよい。

[/su_box]