明日のために

明日のために気になることは、こちらですっきり解決!

*

伊勢の赤福は朔日餅が人気!購入方法は?朔日朝市もいい!

   

伊勢と言えば有名な赤福。
上品な甘さにファンも多いですよね。
全国のお土産品でも人気のお品です。

そしてその赤福から毎月一日に販売されるのが「朔日餅」なんです。

スポンサードリンク

伊勢の赤福 朔日餅とは?

伊勢では毎月一日に普段より早く起きて、神宮へお参りする「朔日(ついたち)参り」が残っています。無事に過ごせた一ヶ月を感謝し、また新しい月の無事を願ってお祈りします。
赤福でこの朔日参りのお客様をお迎えするために作り始めたのが「朔日餅」。
元日を除く毎月朔日(ついたち)に販売しています。

月ごとに替ります。
2月 立春大吉餅
3月 よもぎ餅
4月 さくら餅
5月 かしわ餅
6月 麦手餅
7月 竹流し
8月 八朔粟餅
9月 萩の餅
10月 栗餅
11月 ゑびす餅
12月 雪餅

※7月「竹流し」8月「八朔粟餅」10月「栗餅」は特に人気があり、早々に売り切れになります。

できることなら、毎月味わってみたいですね。

伊勢の赤福 朔日餅の購入方法

朔日餅の購入方法は2通りあります。

  予約購入
  

予約購入の場合は伊勢の赤福他、名古屋、大阪、神戸の百貨店でも買うことができます。
購入の前月1日より店頭で予約受付。

予約して伊勢で買う場合は、前月15日より店頭、電話(0596-22-2154)にて予約受け付け。
後日案内状(引換券になる)が郵送される。

販売当日に案内状を持って予約お渡し場所にて購入の流れ。

  当日購入
 
 
夜中に何時間も並んでいるのはこちらの当日購入です。

スポンサードリンク

前日 午後5時から
 
「列整理券」の事前受付として「受付番号票」の配布があります。
 
当日 午前3時30分から
 
前日の「受付番号票」と引き換えで「列整理券」の配布があります。
番号はどちらも同じ番号で、この数字が購入順番になります。
   
   午前4時30分から
 
「列整理券」の番号順に並び始める。
   
   午前4時45分からなくなり次第終了です。
 

 
また朔日餅購入時の臨時駐車場があり、無料のシャトルバスも運行しています。
(午前2時から午前9時30分、バスの運行は午前2時30分から)

店内で朔日餅を食べるだけなら、上記のような列整理券は必要なく、
午前5時の開店に行けば、店内で食べられますよ。

※寒い時期はとにかく冷えます。防寒対策はしっかりと。

  

伊勢の赤福 朔日朝市

伊勢では赤福だけでなく朔日には「朔日朝市」といって他のお店も
朝早くから開店してにぎわっています。
朔日朝粥や100食限定朔日うどん、朔日限定モーニングバイキングなど。

受付番号票をもらう時、「朔日かわら版」と言うチラシもくれるので、
そちらにいろいろと案内してくれています。

朝ごはんを食べて、デザートに赤福の朔日餅なんていかがでしょう?

まとめ
赤福の朔日餅は予約販売と当日販売の2通り。
予約は近県の百貨店、当日販売は前日から受け付け番号票の配布あり。
当日3時30分より整理券の配布、4時45分から販売。
朔日朝市で早朝よりにぎわっている、朔日の特別メニューもあり楽しめる。

スポンサードリンク

 - おいしい食べ物, お出かけ ,